SCMを考えてつくられた配送システムと関係するエコロジー意識についていうと

SCMという言葉は、サプライチェーンマネジメントを英語で表記したときの略語でありまして、供給管理を複数の企業間で総合的に管理するシステムを運用することにより、在庫の削減や、コスト削減につなげることをいいます。
運送会社は、配送を担うということから複数の企業間で配送される商品の管理などについて、SCMのシステムを自ら構築して、ほかの企業に利用を呼びかけるということで、物流の要として継続的な収益を得ていこうという狙いがあるようです。
更に、SCMを考えて配送に関するシステムを構築することで、余分な在庫の配送を少なくして、結果的にCO2排出量を抑えたり、配送コストを抑えたりできるということから、エコロジー意識の実践とともにコスト削減ができるということで、これからは運送会社による物流システム運営が注目されることになると思います。