ますます便利なナースコール

ナースコールといえば、病院のベッドの枕元にあって、患者さんが看護士さんを呼びたい時に押す、押しボタン式のものを連想します。しかし、最近ではそういった従来のものよりも手軽で便利な、PHS方式のワイヤレスなナースコールシステムが登場しています。

今は、通常の病院以外でも、例えば老人ホームなどの介護施設で、ナースコールの需要が高まっています。そういった場所に入所されているかたは、病気というわけではないので、常にベッドにいるわけではありません。なので、どこにいても助けが必要な時に人を呼べるナースコールでないと、意味がありません。

また、寝たきりのかたにも、ベッドの柵などに取り付ける方式の、転落時に作動するようなナースコールもあります。身軽かつ的確に、誰に呼ばれたかわかるナースコールなら、入居されているお年寄りも、ご家族も安心ですね。